STAFFブログ

本日から地盤改良工事スタートです。

 

こんにちは(゜-゜)

 

気持ちのいい天気ですね。

つい先日の台風から一転、洗濯物がカラっと乾いてついうたた寝してしまうような天気・・

秋晴れですー♪

 

とはいっても、また台風が関東に近づいているみたいで、週後半にむけてまた気を付けなければならないもよう・・

台風やゲリラ豪雨などの自然災害により地盤が緩み、土砂災害などに遭われたり、建物が不安定になった方もいるかもしれません。

 

そうなる前に!!しっかりと強固な地盤をつくり、安全に生活できたらいいですよね♪

 

 

前からチョコチョコ登場していたパイルドライバーですが、いよいよ今日から出動しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と大きいですよねー(^_^)

前日からせっせかと移動して・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャーン♪

 

手作業できれいに塗装してもらって、青空に映えてカッコいぃー♪♪

 

本日のパイルドライバー君のデビュー戦、柱状改良工法での幕開けとなりました。

 

いくつかある地盤改良工法のなかでも、低騒音、低振動施工が可能な柱状改良工法。

 

なんといっても、長年にわたり地盤強度を維持できるのが一番のメリットです。

 

軟弱な地盤や、支持層がない場合でも、柱状体の周面摩擦によって、対応が可能になる場合もあります。

土のなかにコンクリートの柱を造って、建物の基礎とつなぎ支える工法です。

 

家を建てる場合、ずっとそこに住むわけですから、強度が長い間保たれるのが一番安心していられますよね。

 

 

 

 

 

 

 

そしてもうひとつ、今回とは違う工法で、鋼管杭工法というものもあります。

こちらもパイルドライバーを使い施工します。

機械が少ないため、狭小な現場に対応しやすく、工期が短いといわれています。

 

排土も少なく、重量のある建物でも問題なく支えられるという大きなメリットがあります。

ただ、柱状改良工法に比べ、騒音や振動が大きくなることがあるとのこと・・

でも、安全で安心できる構造物を造るためなら・・(゜-゜)♪♪

 

 

 

 

その土地に合わせて、いろいろな工法で地盤改良をしていきます!!

不明な点、疑問などありましたら直接ご相談ください!!

 

これからお家を建てようかな、、自然災害が増えて不安だから、しっかりとした基礎をつくりたいな、、

という方、ぜひぜひお手伝いさせてください(^O^)

 

お待ちしています!

 

 

お問い合わせ