3D LASER SCANNER 

GLS-2000

ABOUT3DLaser Scanner

3Dレーザースキャナーとは
対象物にレーザーを照射して、短時間に大量の点群を取得し、面管理を行います。
施工面に隣接するエリアも含めた3次元現況を、短時間で、少人数で取得することが出来ます。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

現場を素く3D化

3Dレーザースキャナー/GLS-2000
観測・データ処理・加工・出力・3D点群処理により高密度な面管理を実現。3Dデータの生成代行も行います。
項目を追加

POINT OF 3D Laser Scanner

3Dレーザースキャナーのポイント

ノイズの少なさと長距離で定評のあるパルス方式に、ウルトラハイスピードサンプリング技術を採用。高速化を実現しました。
精度
Precise Scan Technology Ⅱエンジンにより、高品質データの取得を実現。驚くほどノイズの少ないデータは後処理の効率化に大きく貢献します。
データの3D
専用ソフトウェアで観測・データ処理・加工・出力・点群合成を行います。断面や距離、面積を計測し、より詳細に情報を把握することが出来ます。

APPLICATION EXAMPLE

3Dレーザースキャナーの活用事例

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。

ICT施工

i-Construction
3D点群データの活用により、土工、舗装工、法面工、浮体構造物設置校等での大幅な短縮、検査書類の削減を可能にします。建設現場の生産性向上を目的として、国土交通省から推奨されています。

インフラ調査

構造物全体の3Dデータを得ることで、メンテナンス業務における修復箇所の位置特定、サイズや形状の計測等多岐に渡り活用します。定期的な計測を行うことで、経年変化の確認にも利用出来ます。

トンネルの内空断面計測

連続した3Dの面形状を取得することで、カーブや合流など複雑な形状をしたトンネルでも分かり易いモデルを作成することが可能です。設計データや過去の形状との変位量の把握も容易に行えます。

路面計測・法面計測

路面計測では、道路の轍の形状を取得し、メンテナンス時期の管理に活用できます。また法面計測では、地滑り等の災害計測はもちろん、法面の形状変化等の経年変化の把握にも役立ちます。

BIM

Building Information Modeling
建築において、土地の形状や改築・改装時の外装・内装の現況調査に活用されます。竣工時にスキャン計測をしておくことで、後のメンテナンスや改装時の効率化に役立ちます。

設備現況調査

設備の配置転換やリニューアル工事等を行う場合、事前調査や検証が必要となります。3Dで緻密な点群データから図面を作成、配管・配置のシミュレーションなど多岐に渡り活用することが出来ます。

歴史的建造物・文化遺産

多くの場合、歴史的構造物や文化遺産には設計図面が残されていません。非接触で計測できるレーザースキャナーを用いれば、対象物を傷つけることなく3D形状を取得できます。
項目を追加